お知らせ
【研究発表企画委員会からのお知らせ】 (更新日:2017年10月6日)
変更・追加詳細等の最新情報については、随時、当欄にてお知らせします。
参加予定の方は必ず最新情報をご確認ください。
   
〈参加申込みフォーム〉からの事前申込みは10/5で締め切りました。(2017年10月6日)
以降は当日受付となります。
参加をご希望の方は、事前に大会事務局へ以下の事項をメール送付のうえ、大会当日、会場受付にて参加費5,000円をお支払いください。
(10/6以降は参加費の振込確認ができなくなる恐れがありますので、当日受付にてお支払いください。)
【宛先】大会事務局 katsunori.shimizu@shimz.co.jp
【連絡事項】1)氏名・所属、2)連絡先(TEL、E-mail)、3)懇親会:参加/不参加、4)見学会1:参加/不参加、
        5)見学会2:参加/不参加
特に、懇親会・見学会1および2への参加を希望の方は、事前の連絡をお願いします。
見学会は空席状況等により、希望されても参加できない場合があります。ご了承ください。
   
見学会1(10/13(金)6:00〜7:30)について (2017年10月6日)
ガイド付見学会となりましたので、参加の場合は事前に大会事務局までご連絡ください。
参加人数によっては有料(500円程度)とさせていただくことになります
ので、ご了承ください。
各自防寒服をご準備ください。
   
10/13(金)の見学会2・送迎バスについて(2017年10月6日)
バス1台で実施することとなり、10月6日現在での残席数は、5名分となりました。
見学会2への参加、根室中標津空港・たんちょう釧路空港への送迎バス利用をご希望の方は、お早めにお申込みください。 ⇒「10.見学会2
   
10/14(土)の「羅臼観光クルーズ(仮)」企画について(2017年9月28日)
当ページにてご案内予定でしたが、ご希望の方は各自でご手配ください。
   
詳細プログラム・スケジュールを変更・更新しました。(2017年9月27日)
詳細 ⇒ 「1.プログラム」欄をご参照ください。
   
プログラム・見学会コースのスケジュールを変更し、詳細プログラムを掲載しました。(2017年9月21日)
詳細 ⇒ 「1.プログラム」「10.見学会2」欄をご参照ください。
   
全国利用者懇談会(10/11開催)の情報を追記しました。(2017年9月21日)
テーマ「北海道における海洋深層水の利活用について」
(パネルディスカッション)
詳細 ⇒ 「11.全国利用者懇談会」欄をご参照ください。
   
<参加申込みフォーム>による申込み受付を開始しました。(2017年6月23日)
参加希望の方は、お早目にお申込みください。

第21回海洋深層水利用学会全国大会
「海洋深層水2017北海道大会(知床らうす会場)」のお知らせ

 第21回海洋深層水利用学会全国大会 海洋深層水2017北海道大会(知床らうす会場)を、下記の日程で開催いたしますので、ご参加下さい。
 大会では、一般講演と特別シンポジウム、見学会等を予定しております。大会への参加および発表の申込みは、下記の要領に従い、当ホームページ参加申込みフォームから行って下さい。  
   
  海洋深層水利用学会全国大会
  全体実行委員会委員長 長野 章
((一社)全日本漁港建設協会(会長))

1.プログラム  
※ 当初の予定を変更していますのでご注意ください。(更新日:2017年9月28日)

2017年10月12日(木)
   8:30 〜 9:00   受付
     9:00
 9:30
11:15
12:30
14:30
18:00
〜 9:30
〜11:15
〜12:30
〜14:15
〜17:30
〜20:00
  開会挨拶
研究発表
昼食    
研究発表
特別シンポジウム
懇親会
  2017年10月13日(金)
    6:00
9:00
10:45
11:00
12:00
14:00
〜 7:30
〜10:45
〜11:00
〜12:00
〜14:00

  見学会1(漁港見学会)
研究発表
閉会挨拶
昼食配付
見学会2
送迎
(終了後、「根室中標津空港」「たんちょう釧路空港」に送迎
⇒ 各空港到着予定時刻等の詳細は「10.見学会2」参照)
口頭発表は「15分/題(質疑含む)」としますので、予めご承知おき下さい。
プログラム内容や開催時間等に変更が想定されます。詳細および最新情報については、
随時【研究発表企画委員会からのお知らせ】(当ページ最上部)に掲載してお知らせします。
参加予定の方は必ず最新情報をご確認下さい。

2.会 場    
 
羅臼町公民館2階大ホール
  住 所: 〒086-1823北海道目梨郡羅臼町栄町102番地
  電 話: 0153-87-2004
 
     
来場方法
 
たんちょう釧路空港〜釧路駅:シャトルバス60分〜路線バス3.5時間 羅臼町
①根室中標津空港〜中標津バスターミナル30分〜路線バス1.5時間 羅臼町
②根室中標津空港〜レンタカーで1.0時間 羅臼町
女満別空港〜レンタカーで2.5時間 羅臼町
各空港から羅臼町までの路線バスについては季節ごとに変更が懸念されますので各自出発前に時刻を確認ください。

3.参加費 
  会員:4,000円、非会員:5,000円、学生:2,000円(講演要旨集代含む)
  参加される皆様は従来の通り、銀行備付けの振込用紙を用いるか、ATMにて、下記の口座に10月5日までにお振込み下さい。

 
  振込先:
金融機関
口座番号
口座名義人
通 信 欄
: 三井住友銀行 佐賀支店
: 普通預金0642066
: 海洋深層水利用学会事務局(かいようしんそうすいりようがっかいじむきょく)
: 第21回全国大会参加料 氏名
   
振込依頼人の欄には「個人名(申込者本人)・所属機関略称」のみを記載して下さい。
(例) 海洋太郎・○○大学
  振込用紙あるいは利用明細票(ATMの場合)は、大会当日の受付の際に提示を求められますので、各自で保管し、会場まで持参して下さい。
当日受付の場合は、会員・非会員を問わず、参加費は「5,000円」とさせていただきます。
一旦お支払いいただいた参加費は原則として返金いたしませんのでご注意下さい。ただし、事前に参加費を振り込み、当日参加できなかった方には、後日、「講演要旨集」掲載の論文誌のみ郵送させていただきます。

4.参加及び講演申込み方法(当ページ内からのオンライン申込み)
  参加申込み 参加を希望される方は、研究発表の有無に関わらず、[参加申込(参加申込みフォーム)]の「【1】2017北海道大会 参加申込」欄に所定の事項を記入の上、お申込み下さい。
       
  研究発表申込み 一般研究発表を希望される方は、[参加申込(参加申込みフォーム)]の「【2】講演(研究発表)参加申込」欄に、所定の事項を記入の上、お申込み下さい。
       
  締切り期日  
大会参加申込み締切り 2017年10月 5日
研究発表申込み締切り 2017年 8月20日
研究発表要旨集原稿提出締切り  2017年 8月31日【必着】
研究発表用PPT提出締切り 2017年10月 6日【必着】
本年度締切日は例年度より1ヵ月程度早まっておりますのでご注意ください。
 
その他:
1題目の講演時間は15分(質疑含む)形式で行う予定です。
研究発表のうち、口頭発表題数は25題程度に限定する予定です。投稿数が25題を超えた分はポスター発表にお回りいただきます。先着順の受付とさせていただきますので、早めにお申込み下さい。
また、口頭発表者は会員の方に限定させていただきますので、ご注意下さい。ただし、ポスターセッションでの説明者は非会員でも受付けますが、申込み者(研究連名者)の1名以上が会員であることが必要です。非会員で発表を希望される方は、申込まれる前に会員登録していただきますと、研究発表が可能となるだけでなく、参加費も会員料金となります。入会お申込みは、当学会ホームページ→入会案内から行ってください。

  詳細は下記にお問い合わせください。
    実行委員会事務局: 清水建設(株)エンジニアリング事業本部
新エネルギーエンジニアリング事業部 清水 勝公
〒104-8370 東京都中央区京橋二丁目16−1
電話番号 03-3561-4327、FAX番号 03-3561-8675
メールアドレス katsunori.shimizu@shimz.co.jp
     

5.研究発表要旨集原稿の作成要領(口頭発表・ポスター発表共通)
  要旨集原稿は、「日本語か英語」のいずれかで執筆の上、A4判1頁とします。
提出いただいた原稿はそのまま製版に用いますので、出来るだけ読みやすく仕上げたものをWord等の電子データ(PDF不可)で送付して下さい。誤字・脱字の修正程度の簡単な査読を行います。
用紙はA4判を縦に使い、上下端及び左右端に「25mm」の空白を残して下さい。
記載順序は演題、演者名、本文の順で、詳細は次の通りです。
  第一行: 演題→フォントをMSゴシック*12ポイントで記載、中央に配置。
  第二行: 演者名→フォントをMS明朝*10ポイントで記載、中央に配置。演者は名前の左肩に“○”印を付ける。所属は氏名の後の( )内に社名程度を記入。共著の場合、“・”印で連ねる。2行になっても良い。
  第三行: ブランク行とする。
  第四行以降: 要旨本文とする。
本文は目的、方法、結果等について記載(図表含む)して下さい。⇒投稿例参照
投稿原稿のデータファイル(Word等(PDF不可))は、2017年8月31日必着で、実行委員会事務局までお送り下さい。(メールで送信する場合も同様。また、メールに添付するファイルのデータ容量が3MBを超える場合は、事前に必ず大会事務局へご連絡ください。大会事務局指定の方法で送付していただく必要があるため、ファイル送信方法を別途ご案内します。)
過去に、投稿内容が知的財産権に抵触するケースが発生しています。発表側で調整の上、投稿・発表をお願いします。大会実行委員会事務局および学会事務局では一切の責任を取れませんのでご配慮下さい。
  なお、ポスターセッションの展示用パネル(A1サイズ縦長×1枚)、画鋲・テープは主催者側で準備します。ただし、展示と撤去は、原則として発表者側でお願いします。

6.研究発表要領(口頭発表)
  口頭発表は「15分/題(質疑含む)」とします。
  発表の言語は日本語あるいは英語でお願いします。
  動画を使用する方は事前に申し出て下さい。

7.発表用PPT(パワーポイントデータ)の作成・提出について
  発表は「プロジェクター」のみが使用できます。会場の後方でもよく見えるように配慮して作成して下さい。
  実行委員会事務局への提出期限は2017年10月6日必着で、「CDあるいはUSB」の形式で郵送して下さい。圧縮メール等で送信可能な場合はメールでも受付けます。(メールに添付するファイルのデータ容量が3MBを超える場合は、事前に必ず大会事務局へご連絡ください。大会事務局指定の方法で送付していただく必要があるため、ファイル送信方法を別途ご案内します。)
いずれの場合も、下記のスケジュールにより、発表前日に映り具合を会場でご確認下さい。
   
 10/12午前発表者: 10/11 17:00〜18:30
 10/12午後発表者: 10/12   7:30〜 8:30
 10/13午前発表者: 10/12 12:00〜13:00/10/13 7:30〜8:30
    また、発表者は必ず発表用PPTを持参の上、ご来場をお願いします。

8.懇親会
  日 時 10月12日(木) 18:00〜20:00
  参加費 5,000円(事前の払込みをお願いします)
  場 所 羅臼町民体育館(「研究発表」会場隣接)
  申込方法 [参加申込(参加申込みフォーム)]・懇親会で「参加」「不参加」のいずれかを選択して下さい。

9.昼食予約
  会場周辺にはレストランや食堂等の食事が取れる施設がございますが、混雑が予想されますので、お弁当を持参するか、または事前の「昼食予約」をおすすめします。
  昼食代金 1,000円/1食(お弁当+飲み物)
  申込方法 [参加申込(参加申込みフォーム)]・昼食予約欄で、各日ごとに「申込む」「申込まない」のいずれかを選択して下さい。
代金は当日朝の受付の際にお支払い頂きますが、手配の関係から事前申込みでお願いします(当日申込みが受付できないことがありますのでご注意ください。また受付業務の煩雑化を防ぐために、大会申込み書を印刷してご持参ください。)

10.見学会2 (記載内容更新日:2017年10月6日)
  日 程 2017年10月13日(金) 12:00大会会場 発
  見学場所(予定) A:羅臼漁港内取水・衛生管理型漁港施設
B:羅臼ビジターセンター
C:道の駅「道の駅知床・らうす」
     
12:00発 会場前
12:05〜12:35 羅臼漁港内取水・衛生管理型漁港施設
12:40〜13:10 羅臼ビジターセンター
13:15〜14:00 道の駅「道の駅知床・らうす」
15:15着 根室中標津空港
19:10着 たんちょう釧路空港
 
見学会2については今後、場所、時間等に変更が想定されます。 変更した場合は、【研究発表企画委員会からのお知らせ】(当ページ最上部)に掲載してお知らせしますので、最新情報をご確認ください。
定員まで残り5名(10月5日現在)となりました。
ご希望の方は、お早めにお申込みください。
  参加費 不要
  申込方法 参加申込(参加申込みフォーム)]の「見学会2(送迎バス)」欄で、「参加」「不参加」のいずれかを選択して下さい。
(漁協見学会1(羅臼漁港見学会)への参加も、事前申込が必要となりました。
 ⇒当ページ最上部の【研究発表企画委員会からのお知らせ】欄参照))
  その他 見学会終了後は、バスにて「根室中標津空港」と「たんちょう釧路空港」へお送りします。

11.全国利用者懇談会 (記載内容更新日:2017年9月21日)
  開催日 2017年10月11日(水)
  開催時間 15:00〜17:00
  開催場所 羅臼町公民会2階大ホール(全国大会と同会場)
  開催内容 テーマ「北海道における海洋深層水の利活用について」
パネルディスカッション
コーディネータ:
西川 明豪((株)エコニクス))
パネラー:
釜谷 豊和(岩内町)
黒丸 勤 (八雲町)
山石 秀樹(羅臼町)
宗形 卓 (知床らうす深層水利活用協議会)

12.宿泊・交通
  宿泊・交通(航空)が混み合うことが考えられますので、下記を参考に各自でお早めにご予約下さい。なお、会場近くの宿泊施設は限られておりますので、周辺の宿泊施設もご活用ください。
 
  宿泊施設一覧
知床羅臼町観光協会加入/羅臼町旅館組合加入 (平成25年3月現在)
区分 名称 住所 電話番号 収容 1泊2食付料金 備考
温泉ホテル らうす第一ホテル 湯ノ沢町 0153-87-2259 136名 8,550〜12,750 露天・足湯有
IT利用可
政府登録旅館
ホテル峰の湯
湯ノ沢町 0153-87-3001 123名
11,000〜

8,550〜
露天有
ホテル ホテル栄屋 富士見町 0153-87-2171 40名 10,500〜 全室IT可
ビジネスホテル漁火 富士見町 0153-87-2533 30名 6,500〜、素泊4,500  
旅館 高島屋旅館 本町 0153-87-2191 28名 6,975、8,550、10,650 温泉有
民宿 国民宿舎 羅臼の宿まるみ 八木浜町 0153-88-1313 141名 国民宿舎9,240〜
※1部屋2名様利用
温泉・サウナ有
民宿 本間 海岸町 0153-89-2309 23名 8,925〜、素泊4,000 ペット可、全室IT可
民宿 鷲の宿 共栄町 0153-87-2877 10名 7,800〜  
ペンション ラウスクル 海岸町 0153-89-2036 25名 1F夏8,000〜、3F夏9,000〜、素泊5,500〜  
  知床羅臼町観光協会未加入/羅臼町旅館組合加入 (平成25年3月現在)
 区分  名称 住所 電話番号 収容 1泊2食付料金 備考
民宿 民宿 
旅の途中
春日町 0153-88-2762 20名 5,250(冬300円追加)〜、
素泊3,150
 
民宿 
まるみ食堂
麻布町 0153-88-2146 27名 7,300〜、素泊4,000  
民宿 よね丸 本町 0153-87-6110 15名 7,500〜、素泊4,000
民宿
熊の入った家
海岸町 0153-89-2388 18名 6,800〜、素泊4,000
ライダーハウス1,000(寝袋持参)
キャンプ場有
ペット用相談
山小屋 山小屋峰 湯ノ沢町 0153-87-3358 12名 6,500〜(5〜10月のみ) 温泉有
 
宿泊予約、宿泊料金等については、宿泊先にご確認願います。

<大会事務局>
第21回海洋深層水利用学会全国大会実行委員会事務局
清水建設感ンジニアリング事業本部新エネルギーエンジニアリング事業部
事務局:清水 勝公 (携帯電話 090-4924-3922)
E-mail:katsunori.shimizu@shimz.co.jp
 サイトポリシー