掲載日:2007年4月

 ■推薦図書-1
1)書名 海洋深層水の多面的利用−養殖・環境修復・食品利用
2)著者名 伊藤慶明,高橋正征,深見公雄偏
3)出版社 恒星社厚生閣
4)発行年月日 平成18年10月15日
5)販売価格 2,800円
6)簡単な書評または
 書籍紹介
本書は,水産学シリーズ151として,平成18年度日本水産学会大会シンポジウム「海洋深層水の特性と利用」が基礎となってまとめられている.タイトルのとおり,水産養殖,環境影響,食品利用に的が絞られている.水産養殖については,魚介類の飼育と種苗生産,ならびに藻類の培養に関する技術取り上げられており,環境影響については,海洋肥沃化や発電所冷却水利用など深層水の大量散布に関する技術とそれに伴う環境影響について述べられている.さらに食品利用については,うどんや発酵食品に対する深層水利用の効果,香気への影響,アオノリの化学成分に与える影響などが紹介されている.いずれの章においても,科学的なデータを基にした記述となっており,海洋深層水の効果と限界,今後の研究課題などが客観的に示されている.
(文責:大塚耕司)


 サイトポリシー